新機能:パブリックワークスペース 、ドラッグ&ドロップでのファイルアップロード機能を追加しました。

1. パブリックワークスペース

組織全体と情報共有するワークスペース を作成する際に、全メンバーを招待する簡単な方法が欲しい、とのユーザーの声にお応えして、パブリックワークスペース 機能を追加しました。

パブリックワークスペース を使えば、ワンクリックでワークスペース を組織の全メンバーに公開することができます。

ワークスペース をパブリック(公開)にする方法は2つあります。

1. ワークスペース 作成時に[パブリックワークスペース]のチェックボックスにチェックを入れる。

2. ワークスペース作成後、ワークスペース の[設定]で[パブリックスペース]のチェックボックスにチェックを入れる。

パブリックスワークペースの[メンバー]には、ワークスペースの管理者のみが表示されます。パブリックスワークペースもプライベートワークスペース と同じ様に、複数管理者の設定が可能です。

パブリックスペースで複数管理者を設定したい場合、管理者の役割を付与したいメンバーを当該ワークスペース の[メンバー]で招待した後、メンバーをクリックし、役割を「ユーザー」から「管理者」に変更します。

元々プライベートだったワークスペース をパブリックに変更した場合、変更前の全コンテンツも組織メンバー全員に公開になります。

逆に、パブリックワークスペースをプライベートワークスペース に変更した場合、変更前&変更後の全コンテンツは、変更後のプライベートワークスペース に追加されたメンバーのみが閲覧・編集できます。

例えば、パブリックワークスペース 時に「Aさん」にアサインされたタスクがあった場合、ワークスペース をプライベートに変更した後は、Aさんをメンバーとして当該ワークスペース に追加しない限り、Aさんは自分にアサインされたタスクを含む一切のコンテンツを確認できなくなります。

ワークスペース のプライベート・パブリック設定変更の際は、ご注意ください。

ワークスペース 一覧画面では、パブリックワークスペースは地球アイコン、プライベートワークスペースは人アイコンが表示されます。プライベートワークスペースの人アイコンにマウスポインターをあわせると、プライベートワークスペース に参加しているメンバーの名前が表示されます。

2. ドラッグ&ドロップでのファイルアップロード

「ファイルの添付の操作性を向上して欲しい。」というご要望を受けて、ドラッグ&ドロップでのファイル添付が可能になりました。

ドラッグ&ドロップで複数ファイルも一括添付できます。